トレピひないBLOG

トレーニングピットひないのトレーナーの日々の指導を綴るブログ

2018年01月19日

今年こそ!はじめましょう

皆さん、こんにちは。

トレーニングピットひないの小野です。

 

お正月、新年会などで何かと飲んだり食べたりする機会が多い1月ですが、お身体は元気ですか?

 

少しお腹周りが出てきたかも…、ちょっと身体が重くなったかも…などと感じられている方はいないでしょうか。

食べ過ぎ

 

若い頃はちょっと食べ過ぎても代謝は良いのでちょこちょこ動いている内に元の身体に戻っていたかと思います。

 

しかし、年齢を重ねるにつれ代謝は落ちてくるので若い頃と同じように食べていても身体が戻ることはなく、食べた分はしっかり身体に蓄えられてしまいます。

 

ということで、今年は身体を動かして、ご自身の少し緩んできたお腹周りや足腰などを鍛えてみませんか。

 

歳だから、と諦めることはありません!

恥ずかしいと言っている場合ではありません!

 

何もしないでいると、いずれ筋肉が減って身体に痛みが出てきたりする場合があります。

 

痛みが出ると痛いところをかばって動かさないようになり、動かさないから筋肉は硬くなり、ちょっと動くと痛みが出る、そして痛いからますます動かなくなる…。

まさしく「悪循環」です。

 

上記のようにならないように、今年から運動をはじめましょう!

 

運動は苦手かもしれませんが、「今」のご自身の身体を大切にしないとどんどん身体は衰えていくばかりです。

 

大切にするは「動かない」ではなく、動かしやすい身体を維持することです。

 

週に一度の運動を続けていただくと、月に4回、一年で48回も身体を動かすことが出来るのです。

何もしないで過ごす一年(=0回)と比べると明らかに運動をした方が身体は軽いし動かしやすくなりますし、体力も付きます。

血行も良くなりますし、汗をかいてストレスを解消したり、熟睡できたりと、良いことがいっぱいです!

 

運動が苦手な方でも、無理のない範囲で動いていただきますのでご安心を。

 

まずは一度ご体験いただいて、ご自身の身体を知ることから始めましょう♪

皆様のご来店をお待ちいたしております。

2018年01月16日

大変遅くなりましたが、今年の初ブログです‼

改めて、新年明けましておめでとうございます。

当ジムも6月で、新規移転3年目に入ります‼

お陰様で、順調に会員様も増えて100名近くになりました‼

こちらに移転後も、皆様に様々な形でご協力を頂きました事に感謝申し上げます。

2018年は、地域の皆様の健康づくりに貢献できるよう、より一層努力して参ります。

どうぞよろしくお願いいたします。

代表 小畑 隆彦

2017年12月15日

雪掻きで体力アップを

皆さん、こんにちは。

トレーニングピットひないの小野です。

 

連日の雪で路面も凍結しはじめ、いよいよ根雪になりそうな気配ですね。

昨日の朝は15~20㎝くらいの積雪だったので、開店前にジムの前の雪掻きを行いました。

この雪掻きですが、皆さんご存知の通りかなりの重労働ですよね。

スコップ1杯分の雪でもサラサラの雪とは違い、少し水分を含んだ湿った雪だととても重たくなります。

雪掻きを行っていると身体は温まりますがしばらくして腰が痛い、という経験をされた方も多いのではないでしょうか。

 

それは雪掻きをするときの姿勢が原因なのです。

雪をすくう時に腰を丸めて行うと腰に負担がかかります。

そして何度も繰り返すことで腰が痛くなるのです。

 

気を付けていただきたいのは腰を丸めるのではなく『太腿の付け根(股関節)から曲げる』こと。

そしてもう一つ、お腹をグッと凹ませてお腹を固めて腰が丸まるのを防ぎましょう。※息は止めないようにしましょう。

雪

スノーダンプで雪を集めたり、すくったり、足で踏み込むときにもグッとお腹に力を入れて行いましょう。

 

流雪構などに雪を投げ入れるときも、身体を捻るときにわき腹の筋肉を意識して行うと雪を利用して身体を鍛えることができます。

横から投げ入れるときも例えば右側ばかりではなく、左側からも投げ入れてみてください。

左右両方行うことで苦手な方向がわかり、筋力が弱くなっているのかを感じられると思います。

苦手な方向を多めに、雪掻きを行い筋力アップをしてましょう。

雪掻き

 

 

これから冬本番です。

ほぼ毎日雪掻きを行うと思いますので、ぜひ試してみてください!

雪解け前には身体の変化を感じられると思います。

 

2017年12月06日

操体法

皆さん、こんにちは。

トレーニングピットひないで行われている体操は

操体法を用いた、身体のゆがみを正して身体の痛みを改善させる身体調整法です。

操体法を創始されたのは橋本敬三先生で、著書には「橋本敬三随想集」「万病を治せる妙療法・農山漁村文化協会」「操体法写真解説集・監修、柏樹社」などがあります。

当ジムと同じように操体法を用いて身体のゆがみを改善・解消に取り組んでいる重村尚さんのスタジオをご紹介させていただきます。

重村尚さんは社団法人日本ボディビル連盟専務理事、東京ボデイビル連盟副会長などを歴任、その間に操体法を学ばれ、NHK八王子・光が丘の教室で操体法の指導を行っておりました。その後、ご自身で「痛み解消センター・シェイプクラブ大泉」を開業し現在もお客様の痛みの解消・改善に努めていらっしゃいます。

ぜひ、重村さんの「実践操体法施術 尚」をご覧になってみてください!

http://shigemura.web.fc2.com/

事業概要・MAPページ下の関連リンクでホームページをご覧いただけます。

 

2017年11月13日

縮こまってないですか

皆さん、こんにちは。

日に日に寒さが厳しくなってきましたが、皆さんお変わりなくお過ごしでしょうか。

寒くなってくると背中が丸まり首が肩の中に埋まるくらいギュ~ッと縮めて胸の前で腕を組んだりしていないですか。

寒い

この姿勢がずっと続いてしまうと肩の力が抜けない状態なので肩がこりやすくなってしまします。

 

また、背中の丸まりは肋骨を押し下げてしまうので呼吸も浅くなりがちに。

 

そして何より、背中の丸まりは年齢以上に老いた印象を与えてしまいます。

猫せ

寒くなると丸まりたくなりますが、長時間同じ姿勢にならないように、時々は肩の力を抜いて背筋をグッと伸ばして背中の丸まりを伸ばしましょう。

 

姿勢は日々の動作から。

ご自身での気づき(意識)と行動(実践)で変えていきましょう。

 

見た目も若々しく過ごすために。

2017年11月03日

今月も開催します!

皆さん、こんにちは。

 

一段と寒さが厳しくなってきましたが、元気にお過ごしでしょうか。

寒くなるとトイレに行くのも億劫になり、ぎりぎりまで我慢!なんてこともあったりしませんか。

 

寒くなればなるほど、動きたくなくなるというか、温かい所から離れたくないというか…。

 

気持ちはよ~くわかります!!

が、動かずにじっとしていると身体はどんどん衰えてしまうので、寒くないように洋服を着込んで動きましょう~♪

 

ということで、「まちゼミ」のご案内です。

 

~*☆*~*☆*~*☆*~*☆*~*☆*~*☆*~*☆*~*☆*~*☆*~*☆*~*☆*~*☆*~*☆*~

11月18日(土)23(木)12月2日(土)の13:00~14:30の1時間半

50歳以上の女性を対象に行います。

タオル、内履き用シューズ、飲み物、お着替えをご持参ください。

参加費は【無料】 定員は5名までとなります!

お申込みは本日より承っております。

『トレーニングピットひない 0186-42-6695』へ直接お電話ください。

操体㈡

~*☆*~*☆*~*☆*~*☆*~*☆*~*☆*~*☆*~*☆*~*☆*~*☆*~*☆*~*☆*~*☆*~

身体を動かしたい方、体力が落ちてきたと感じる方、機能を改善したい(肩こり・腰痛・膝痛など)方はぜひご参加ください。

 

運動が苦手な方も無理のない範囲で身体を動かしていただきますので、この機会に体験してみて下さいね。

 

皆様のご参加をお待ちしております。

2017年10月11日

お客様より喜びの声をいただきました!

皆さん、こんにちは。

 

トレーニングを終えてお帰りになるお客様から

「先週末、八甲田山の登山に行ってきたのだけれど。

毎回登山に行くと登りは少し膝が痛むものの耐えられるくらいなのだが、下りは膝が痛くて痛くて一緒に登山している方にテーピングを巻いていただいていたのです。

夏の登山も膝が痛くて、帰宅後も両膝に湿布を張って寝るくらい膝が痛かったので、今回の登山も膝が痛くなるだろうと心して登ったのです。

ところが、今回の登山では膝は全く痛くないまま終えることが出来たのです!

帰宅しても膝は痛みがなくて右の太腿の前が少し張っているくらいで、あとは全然平気で。

トレーニングを始めて3ヵ月でこんなに変わるものなのですね。

嬉しい~♪ありがとうございます!」

と、大変喜ばれてお話ししてくださいました。

 

私たちも膝の痛みがなく登山が出来たことを聞いて、とても嬉しくなりました。

 

お客様ご自身が運動を続けられたからこそ、感じていただけた身体の変化だと思います。

 

まさしく、『継続は力なり』ですね。

 

皆さんも何かしら小さな身体の変化があると思うのでその変化を感じて、頑張っているご自身をほめて、認めて、喜んで。

そして、また明日に繋げていきましょう。

 

2017年10月11日

ただ動かすよりも

皆さん、こんにちは。

 

今回は筋肉を意識する、です。

運動すれば筋肉が付く。確かにそうですが、さらに効果的なのが鍛えている筋肉を意識すること。

 

筋肉を意識することで鍛えている筋肉以外の関与を減らして鍛えている筋肉に集中して負荷を与えられるので、トレーニング効果は高まります。

 

どこの筋肉を使っているのか、正しく刺激が入っているのか、他の筋肉が頑張っていないのか。

 

そのためには、軽めの重さで行って目的の筋肉に刺激が入っているのか、他の筋肉が頑張っていないのかを確認しながら行ってみましょう。

 

最初から重さだけを増やして頑張ってトレーニングを行っても筋肉を意識して行うより効果は低くなります。

 

正しく刺激が入っている事が確認できたら少しずつ重さを増やして理想の身体を目指してトレーニングを行いましょう。

 

ふともも

2017年09月27日

健康づくり教室のご案内

皆さん、こんにちは。

 

寒暖差が激しくなり日中も少しひんやりする風が吹くようになってきました。いよいよ「秋到来」ですね。

 

秋といえば、食欲の秋、読書の秋、実りの秋、スポーツの秋、紅葉の秋、行楽、芸術、といろいろありますが、冬に向けて体力をつけていただきたいので「スポーツの秋」のご紹介!

 

来月に開催される健康づくり教室のご案内をいたします。

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

教室名 「基礎体力アップ」講座

からだの基礎を整えて運動不足を解消しよう!!

 

講 師  小畑 隆彦(ボディビルディング協会秋田県理事)

期 日  10月19日、26日、11月2日、9日の全4回(木曜日開催)

開催場所 北部シルバーエリア 屋内運動広場

時 間  18時~19時の一時間

参加費  310円(休憩・入浴料込み)

持参物  タオル・ヨガマット・内ズック・飲み物

申込み先 北部シルバーエリア 0186(47)7070

※月曜休館日、月曜が祝日の場合は翌日休館日

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 

当ジムで行われている健康体操を体験できますので、ご興味のある方はぜひこの機会に参加してみてくださいね!

 

皆様のご参加をお待ちいたしております。

2017年09月20日

運動の姿勢

皆さん、こんにちは。

トレーニングの時、姿勢を意識していますか?

健康体操をおこなう時

「つむじ天井から吊るされるように背筋を伸ばして、お腹一つ凹ませて行きましょう」と声をかけています。

それは少しでも理想の姿勢でトレーニングを行っていただきたいからです。

 

例えば、背中が丸まったままだったり、頭やお腹が前に出ていたり、肩に力が入って縮まった状態でトレーニングをしても目的の筋肉に効果的に刺激が入らず、他の筋肉が鍛えられてしまいます。

 

胸を鍛えたいのに背中が丸まっていると胸がストレッチ(伸ば)されない

ので胸より腕の方が鍛えられてしまう…など。

 

普段の姿勢はともかく、トレーニング中だけは理想の姿勢(できてなくてもその姿勢になるように努力することが大事)を保ちながら行いましょう。

 

理想の姿勢は横から見て

耳たぶ → 肩 → 脚の付け根(大転子)→  膝蓋骨の後ろ → くるぶし

が一直線にあるのが理想です。

骨の並び

 

今一度、ご自身の姿勢を確認してトレーニングをしてみてくださいね!

不安な方はお気軽にスタッフにお声かけください。

 

理想の身体を手に入れるために、まずは姿勢を意識して。